banner

アクセス数を考える

アクセス数を考えたホームページ制作を行う

ホームページ制作の段階で、アクセス数が多くなるサイトを作るためにはどのようなことに注意をしなくてはいけないのでしょうか。
最も注意をしなくてはいけないのは、検索エンジンに対するポジティブな評価をきちんと送ることが出来るホームページ制作を心がけることなのです。

 

そもそも、ユーザーのアクセス数というのはホームページに対する検索エンジンの評価と無関係ではありません。
もっと言えば、検索エンジンからの評価が高くなればなるほど、ホームページにやってくるユーザーは多くなると言っても過言ではないのです。
自身のサイトを検索エンジンの上位に掲載させるような対策のことを検索エンジン最適化と言いますが、実はこの対策はホームページ制作の段階で行うことが出来ます。
しかも、HTMLの知識など無くても行うことが出来るのです。最も簡単な方法は、サーバーを用意することです。
独自のサーバーを用意することは、ホームページ制作の段階で行うことが出来る最も簡単な検索エンジン最適化対策だと言えます。

 

サーバーと言うのは、WEB上にサイトを展開するための情報やデータを送ってくれるサービスのことを言います。
WEBと言う大きな空間の中に自身だけの空間を提供してくれるものがサーバーですので、ホームページ制作の段階で独自のサーバーを手に入れるとWEB上で現実世界における住所のようなものを手に入れることが出来るようになるのです。

 

このWEB上の住所のことをドメインと言います。ドメインは検索エンジンに対して大きな影響を与えるものです。
何故かと言うと、ドメインの中には好きな文字列を含めることが出来るからです。

 

自身の作っているホームページと関連性の高い文字列をドメインに入れておけば、ドメインの情報から検索エンジンがそのサイトの情報を正しく受け取ってくれるようになります。

また、不特定多数のサーバーではなく独自のサーバーを利用するとそのサーバーを利用している人数が少なくなりますので、データの送受信が非常に早くなります。

 

サーバーからの情報の発信が早くなるとWEB上に表示される情報も早くなりますので、検索エンジンに対して正しい情報を高速で届けることが出来るようになるのです。

当然、これは他のサイトにはない優位性だと言えます。
こうした検索エンジン最適化対策は、本来ホームページを作った後に行うのですが、制作の段階で行っておくことによってより高い効果を生み出すことが出来るようになりますので、アクセス数の向上に繋がるわけです。

Copyright(c) 2014 ホームページを制作するときに、知っておきたい最良の制作方法とはAll Rights Reserved.