banner

重いサイトを作らないように

ホームページ制作で重いサイトを作らないようにする

ホームページ制作で大切なことは、検索エンジンやユーザーに対して簡単でわかりやすいサイトを提供することです。
中でも、軽いサイトは非常に好まれる傾向にありますので、ホームページ制作をするときには何よりも軽いサイトを作ることが賢明だと言えます。

では、そもそもなぜホームページ制作で重いサイトが出来てしまうことがあるのでしょうか。
主な原因は以下の二つにあります。

まず一つ目が、コンテンツの詰め込みすぎです。
ホームページ制作では、自身がテーマとする商品やサービス、それらに関する記事を含めたサイトを作ることになるのですが、そうしたコンテンツを作るときにやってはいけないのはプログラムを使いすぎてしまうことなのです。

デザイン性に優れたサイトを作る場合には特に簡易的なプログラムでそれらを表示するサイトを作ってしまいがちになってしまうのですが、簡易的なプログラムであろうとそうでなかろうと、ホームページの中に特定のプログラムを組み込むと必ずサイトは重くなります。
これはプログラムが重いかどうかは関係ありません。
サイトを表示するときにはそれらのプログラムを処理しながら開くことになりますので、どうしても時間がかかってしまうことになるのです。
ホームページ制作ではなるべく簡素でわかりやすいサイトを作ることが大切で、秀逸なデザインでサイトを作りたいのならばプログラムや画像に依存しすぎずに、検索エンジンが参考にするタグを利用することが最も賢明なのです。そうすることで、サイトの表示スピードも格段に良くなります。
サイトが重くなる二つ目の原因は、サーバーの脆弱性です。

ホームページ制作の時に脆弱なサーバーを利用することは本当に良くありません。
特に、サイト内部の処理が大変になるようなデータが大量に存在する場合には、そのデータを保管するためのサーバーが脆弱だと保存されているデータも全てなくなってしまう危険性もあります。
脆弱なサーバーはデータの送受信を遅くするデメリットが存在しますので、サイトが重たくなってしまう最も大きな原因の一つになるわけです。
ですので、ホームページを作るときにはなるべくデータ容量の大きな定数制のサーバーを利用することが賢明なのです。

 

このように、ホームページ制作でサイトを軽くするためには、不必要な要素をサイトに組み込まずに、かつ強いサーバーを利用することが最も理に適っていると言えます。
これだけで他のサイトよりも遥かに優良なサイトを作ることが出来るのです。

Copyright(c) 2014 ホームページを制作するときに、知っておきたい最良の制作方法とはAll Rights Reserved.